デリへルを呼んだ(家に迎える編)

『伊緒葵のXYZ』をご覧の皆さん、こんばんは。伊緒葵です。
今日も、動画ではありません。
12月10日(金)0時00分。「ハートライフ」という障害者専門のデリへル店から、『麻海さん(仮名)』という女性が派遣されてきた。もちろん、僕が呼んだからだ。今回が4回目で、お気に入りの女性。それなりに、お金も費やしている。
珍しく、0時を回っても来ない。今まで、0時きっかり来ていたのに、どうしたのだろう?。と時計を見ると、まだ0時05分にもなっていない。待ち遠しいから、時間が経つのが遅い。
そうこうしていると、コツコツと階段を上る音がした。靴の音が止まったら、チャイムが鳴った。急いでドアを開けると、麻海さんが立っていた。「遅れて、ごめんなさい。上がって、いいですか。」と、麻海さん。とりあえず、部屋に入って、コートを脱いでもらった。麻海さんに「元気でしたか」と聞かれ、そこから互いの近況報告。麻海さん、色々とあったような感じの「まあまあ」だった。

つづく

デリヘル

Posted by ioaoi