フリー

アダルトなブログ『伊緒葵のXYZ』をご覧の皆さん、こんばんは。伊緒葵です。

2017年も、残り少なくなった。恐らく、これが今年最後のブログ更新になるだろう。
まぁ、ツイッターでも何回かつぶやいたが、今年は尾てい骨にヒビが入って、3ヶ月間も寝たきり。その前は、4回ぐらい風邪で寝込んでいたし、散々な1年だったな。産まれた時から、散々なのかも知れないが、50歳になった今年は散々だった。ライブも、2回しか行かれなかったし…。結局、それか。

さてと、前置きはこれぐらいにして…。
12月23日0時。今年最後のエロい夜を過ごすために、麻海さんが来た。今回で、15回目弱。どっぷり、麻海さんにハマっているようだ。うん。可愛いし、誠実にサービスしてくれるし、男として、ハマらない方がおかしいと思う。勿論、僕の主観が入っているが…。
いつも、爪を切ってくれるヘルパーさんがその週は休みで、10日間ぐらい爪を切っていなかった。一応、『魔法のつめ削り』というなる物を買って、他のヘルパーさんに削ってもらった。自分で触っても痛くなかったが、プレイ中に麻海さんを傷つけたら申し訳ないから、爪を触ってもらった。「ちょっと見せて下さい。」と麻海さんは僕の手を取り、爪を触ってみて、「大丈夫ですよ。」と笑みを浮かべる。
なんだろう?。麻海さんと何回もエロい事をしているのに、手を触られただけでドキドキしちゃった。そう、麻海さんにも話したら、「そうですね。手を握ったこと、ないかも知れませんね。」と言っていた。
それからは、ふとした瞬間に手を握ってくれる。

そんなこんな書いていたら、今年も残り30分を切った。とりあえず、この記事をアップしよう。

来年も、「伊緒葵のXYZ」を愛読して下さい。お願いします。