壁を乗り越えたら、また壁。

どうしても、挿入行為がしたい。
という訳で、例のソープランドで働く、違うソープ姫に聞いてみた。今度は、Twitterのダイレクトメッセージで…。僕も、懲りないヤツだ。
基本的に、どんな障害者でも断らないそうだ。ただエレベーターがない為、車イスの場合は男性スタッフが担いで、階段を上げ下げするらしい。「今どき、エレベーターも無いんですか。」という感じだけど、それだけの老舗だろうし、どんな障害者でも断らない事は素晴らしい。
障害の程度によって、不可能なプレイも出てきたり、『二輪車』じゃないと接客が難しい場合もあるそうだ。障害者NGのソープ姫もいるらしい。まぁ、仕方ないか。
挿入行為の壁は厚い。
返事をくれたソープ姫。優しそうだったから、利用する方向で話を持っていけないかな。